住まいは長い期間利用するものだから、目的に合ったものが良いですよね。そのために必要なポイントを意識しましょう。

住まいは安心、快適が一番です
住まいは安心、快適が一番です

自分に合った住まいを選ぶ

理想の住まいといったら何をイメージしますか?広い庭や吹き抜け、素敵なキッチンなどなど…想像すると夢が広がりますね。しかし最も大切なことは、しっかりとした目的を持って計画を立てることです。曖昧な考えで住まいを選ぶと致命的な失敗をすることがあります。

例えば服を沢山持っていたら、住まいに収納スペースを設ければ問題は解決します。ところが、そのことを優先し過ぎると居住スペースが狭くなって閉塞感を感じてしまうかもしれません。自分に必要な収納スペースを必要なだけ取り入れるのが良いですね。また、将来こどもが増える場合を考えてみます。最初は狭い場所でも困らないかもしれませんが、いずれ子供部屋が必要になり、家族間でプライバシーを守ることも考えなければなりません。となると使える部屋や設備は最大限に有効利用したいところです。そのためには、毎日の生活を具体的にイメージして、将来的に無駄が生じないように工夫するべきです。

このように、住まいを選ぶには自分の目的を認識して、計画を立てるのが重要です。ちゃんと先のことを考えれば、住まいを有効利用できるからです。曖昧な理想だけで安易に決断しない方が賢明です。まずは、自分の目的を整理することから始めましょう。