シングルが賃貸ではなく住まいの購入を考えるときには、通勤の利便性と価格相場を考えると良いです。

住まいは安心、快適が一番です
住まいは安心、快適が一番です

購入か賃貸かシングルの住まい事情

シングルには将来に対して既婚者とはまた違った心配があります。頼れるパートナーがいないという事で不確定要素が多く、将来に対して既婚者よりも不安を抱えている人もいます。ライフプランが見えてこないと、住まいについてもはっきりとした像は見えてきません。シングルでは賃貸に住んでいる人も多く、一生賃貸住まいで済ませる覚悟をしている人もいます。その一方で、賃貸では家賃をいくら支払っても自分の資産にはならないので、もったいないから住まいの購入を検討する人もいます。賃貸の家賃といっても地域によって差があります。ここでは東京周辺の都道府県に焦点を当ててお話しします。シングルが家を購入するときに外せないポイントとしてあげるのは、通勤のしやすさと価格相場です。

ローンの支払い額の上限は年収の25%以内に留めるというのが一般論になっています。新築の家よりも中古の方が価格は安いので、候補物件も多くなります。マンションの購入ならば管理費と修繕積立金が必要になります。通勤の利便性と価格相場が手頃、という2つの条件を満たしているのは、東京周辺では東京都23区の北部・東部エリアで、東京都23区南部・西部、都心、東京都市部、神奈川県、埼玉県、千葉県、などに比べると物件を購入するシングルの割合が多いです。